iPhone4のスピーカー故障とアップル iOS 6.1 提供開始

自分iPhone4のスピーカーが故障した。いきなり電話が受けでも聞こえない。 スピーカーフォンにする、イヤフォンつける、Bluetouthイヤフォン接続する、いずれでも聞こえる。 しかしスピーカーフォンは使える場面が制限され、イヤフォンがいつも受信の時に絡まる、Bluetouthイヤフォンがいつも受信の時に接続が切れている。 修理を問合せしてみたら、一万五千円くらい交換できるらしい。 またiPhone5に機種変更する場合、月賦契約がまた7か月残るから、一万四千円くらい機種変更できる。 ちょっとしたことで一万五千円の出費になり、なんか代替品ないか探してみた。 SANWA SUPPLY 小型スピーカーマイクがいいかもしれないので、注文した。ついでに絡まないイヤフォンも注文した。 *** アップル iOS 6.1 提供開始:LTEキャリア追加、広告識別子のリセットボタン追加など http://t.co/81O152VR. 自分のiPhone4を確認してみたら、またiOS 6.01, いつの間にかiOS 6.02もあったみたい。 早速アップデートしてみる。iPhone4のスピーカーの故障もこのアップデートで消えると薄々期待しているけど。 追記: iOS 6.1のアップデートで、iPhone4のスピーカーの故障が消えない!ハードウェアの故障だね! SANWA SUPPLY 小型スピーカーマイクがエコーが発生し、スピーカーとマイクが同時に使えないものか?

Windows 8 RP 版から Windows 8 Pro へ

使っているWindows 8 Release Preview版が期限過ぎて(1/15まで)メッセージがうるさいから、対策を検索したところ、Windows 8 Proへ3300円でアップグレードが可能とわかった。 早速取り込みしてみたら、一日かかっても終わらない作業でした。 最初はアップグレードしてアプリもそのまま使えると思ったが、終わって見たらデータだけ移行でした。それではパーテイションにゴミがたくさん残るので、新しいパーテイションにインストールにした。使っているアプリを再度入れ直すので時間がかかった。 SkypeとEvernoteはWindows 8対応版があるから、Windows 8マーケットから入れて見たら、使えものにならない。また普通のダウンロード版も入れた。

Google Apps(無償版) 終了

今日はイキナリ Google Apps Teamからメールが来て、「本日をもちまして、新規登録を終了いたします」。 既存な客には影響がないが、なんかサミシイ感じ。 Google Appsのサービスは2007から利用していって、無償版最初はの最大アカウント数が100, その後50, 10と減り、ついに終了した。 97年頃から、独自サーバを運用し、ユニークなメールアドレスをもって喜んでいるのもつかの間、スパンメールが増え、対応に苦慮でした。Google Appsの導入がこのスパン戦いから解放されて、早くも5年の歳月を過ぎました。

Kindle Paperwhite 店頭発売日に購入

以前から、電子書籍リーダーに気になっていた。楽天koboについて随分検討したが、見送りという結論になり;今回Kindle Paperwhiteについて、即購入と決定。 Amazonのサイトから、予約しても1月入荷予定になり、BIC CAMERAの店頭で予約をした。 19日ネット販売開始日に、店から電話があり、注文分が確保したので、翌日でも店頭受け取れるということでした。20日は量販店販売開始の日、昼休み時間で早速買いに行った。 手に取ると思ったより軽い、付属マニュアルの文字も読みやすい。早速コンテンツ入れて見ったが、期待したA4のPDFは無理でした。試にA5のPDFを作ってみた、読めるけど、文字が小さいため読みつらい。画面サイズはA6くらいだから、A6サイズのPDFを作って読んでみたら、ちょうといいくらいでした。 たたAmazonクラウドが利用できるので、クラウド書棚にある本は、iOS(iPhone, iPad), Androidでも読める、つまりA4のものは、Paperwhiteで読めないけど、たとえばiPadのKindleアプリで読むこともできる。書棚オーガナイズするツールとして評価したい。 Twitter、Facebook、Mixiも一応Web付属のブラウザ(体験版)でつながるけど、汎用の分使いつらい。