Research

Ubiquitous Information System Science

ユビキタス情報システム科学

研究目的

実社会とサイバー空間を融合し、ユビキタス・クラウド・サービスのモデル構築

研究内容

RaspberryPiとArduinoで作るIoT装置、オープンソースソフトウェアで作るクラウドサービス、そしてビジュアルプログラミングで作るスマートフォンアプリが連携して動き、実空間と仮想空間を融合し、さりげなく利用者を支えるユビキタス・クラウド・サービスのモデルを構築します

スマートホーム、スマート教室など利用者ライフログ中心の情報連携に基づいて、協調共有型情報探索・推薦や、利用者の意図推定コンテキスト解析による人間情報行動のモデル化の研究などを行っています。

主な研究テーマ

  • 時を越えた価値を追求する個人ビッグデータの持続可能な利活用メカニズムの研究
  • 進化するサステイナブル・ユビキタス統合情報環境の基盤モデル
  • Personal analytics, learning analyticsおよびe-learning/e-health/e-decisionへの応用

その他関連研究テーマ

  • 何時でも何処でも手軽に使えるユビキタス・クラウド・サービスのモデル構築
  • ライフログ:ライフタイムにわたる個人情報マネジメント・利活用
  • ユーザ中心の情報連携に基づく協調共有型情報探索・推薦
  • 利用者の意図推定とコンテキスト解析による人間情報行動のモデル化

キーワード

  • ユーザ中心、ユビキタス、クラウド、ビッグデータ、データ整合、情報融合と持続可能な利活用、人間情報行動解析、プロセスマイニング、ソーシャルネットワーク分析、ユーザモデル、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション、情報検索・推薦、個性化サービス、ユーザエクスペリエンス、ユーザビリティ、eラーニング支援、学際的統合アプローチ

研究の基本構造

  • 解決すべき問題を提示する
  • この問題に関する現状(先行研究)
  • 問題が発生する原因を分析する
  • 問題の解決策を提示する
  • 解決策の実現方法を提示する
  • 解決策の有効性をモデル、もしくは実験において実証する

学位論文の執筆手順

GitHubの学生用プライベート・リポジトリを活用する。

  1. 解決すべき問題と研究の目的・目標の決定
  2. 構成案の決定
    構成案:タイトル、概要、章・節タイトル&トピックを一文ずつ
  3. 論文予稿の執筆
    論文予稿:修士は2ページ以内、卒論生は2〜6ページ以内に論文の内容を簡潔にまとめる
  4. 論文の執筆
  5. 論文完成

卒業研究論文題目

  • Google Classroomを利用したアクティブ・ラーニング
  • 多言語旅行情報推薦システムの試作
  • IoT活用した出席管理システムの試作
  • IoT活用した図書管理システムの試作
  • IoT活用したスマートホームの試作

関連研究プロジェクト

 

Contact

Hong Chen, Ph.D.
陳  泓 博士

Invited Researcher
招聘研究員

Advanced Research Center for Human Sciences
早稲田大学 人間総合研究センター

 

トップページ