CyberSciTech 2022

2022年9月12日から15日まで、Calabria, Italyで開かれた国際会議 IEEE CyberSciTech/PICom/DASC/CBDCom 2022(CyberSciTech2022)で、本キャンパスの陳教授が研究成果を発表しました。

(* パンデミック関連の状況により物理的に出席できない著者は、リモートで作品を発表する機会がありました。)

 

English

Abstract— With the spread of smartphones and smart homes, citizens can create huge amounts of data. However, most of this data is held by the data platform company. Platform companies sometimes leak data and sometimes discontinue unprofitable services. Collecting and analyzing data on residents and the urban environment is essential for smart cities to improve their services. Due to the need for data related to the privacy of the inhabitants, the constraints and costs of obtaining and using that data are high. The proposed Ubiquitous Personal Online Datastore (UPOD) is a personal IoT data framework that connects to the Internet. The UPOD framework makes users the owners of their data and is free to share or stop some of their data. Personal IoT data such as personal movement history and smart home records can be seamlessly collected in a personally owned UPOD, and data can be centrally managed from anywhere. Fragmentation of personal IoT data by individual corporate IoT platforms can also be prevented by implementing UPOD. The UPOD framework also allows users to provide some of their personal data to smart cities, exchange it for the services of data service providers, and secure the right to opt out of personal data. Data service providers can legally obtain data from users for a specified portion and for a specified period at any time, saving investment in data security management. Applying the UPOD framework to the smart city sensing platform will improve the smart city service and reduce the effort and cost of retrieving personal data.

Keywords— Decentralized Social Network, UPOD, IoT, Smart City

Chinese

UPOD: A Decentralized Framework for Personal IoT Data Aggregation and Sharing to Smart City
陈 泓
信息与电子系统工程系
第一工科大学
日本东京
[email protected]

摘要
——随着智能手机和智能家居的普及,个人可以创建大量数据。但是,这些数据大部分是由数据平台公司持有的。平台公司有时会泄露数据,有时会停止无利可图的服务。收集和分析城市居民和城市环境数据对于智慧城市改善服务至关重要。由于需要与居民隐私相关的数据,因此获取和使用该数据的限制和成本很高。
普适个人在线数据存储(UPOD)是一个连接到互联网的个人物联网数据框架。UPOD 框架使用户成为他们数据的所有者,并且可以自由地共享或停止他们的一些数据。个人的物联网数据,如个人移动历史和智能家居记录,可以无缝收集到个人拥有的 UPOD 中,并且可以从任何地方集中管理数据。通过实施UPOD框架,也可以防止个别企业物联网平台对个人物联网数据的碎片化。
UPOD框架还允许用户向智慧城市提供他们的部分个人数据,将其交换为数据服务提供商的服务,并确保选择退出个人数据的权利。数据服务商可以随时合法地从用户那里获取指定部分、指定时间段的数据,节省数据安全管理投资。将UPOD框架应用于智慧城市的传感平台将改善智慧城市服务,并减少获取个人数据的工作量和成本。促进智慧城市与城市居民的互动。
关键词
——普适计算、冷静科技、去中心化社交网络、UPOD、物联网、智慧城市

Japanese

概要-

スマートフォンやスマートホームの普及により、市民は膨大な量のデータを作ることができます。しかしこれらのデータは殆どそのデータのプラットフォーム企業が保持しています。プラットフォーム企業はデータの漏れが時には発生し、また勝手に採算が取れないサービスを中止することも発生します。スマートシティはサービスを改善するため、住民と都市環境のデータの収集と分析が不可欠です。住民のプライバシーに関連するデータが必要なため、そのデータの取得、使用に制約とコストは大きいです。

提案されているユビキタスUPOD(Ubiquitous  Personal Online Datastore)は、インターネットに接続する個人IoTデータフレームワークです。UPODフレームワークではユーザーは自分のデータの所有者になり、データの一部を自由に共有または停止できます。個人の移動履歴やスマートホームの記録などの個人IoTデータを個人所有のUPODにシームレスに収集し、どこからでもデータの一元管理ができます。個々の企業IoTプラットホームにより個人IoTデータの断片化は、UPODの導入で防ぐこともできます。

このUPODフレームワークにより、ユーザーは個人データの一部をスマートシティに提供したり、データサービスプロバイダーのサービスと交換したり、個人データのオプトアウト権利を確保することもできます。データサービスプロバイダーは、指定部分と指定期間のデータをユーザーから合法的に随時取得できるため、データセキュリティ管理への投資を節約できます。スマートシティセンシングプラットフォームにUPODフレームワークを適用したら、スマートシティサービスを改善するため、個人データを取得する手間とコストの削減にもなります。

Keywords—

Ubiquitous Computing, Decentralized Network, Calm Technology, UPOD, IoT, Smart

 

国際会議(IEEE CyberSciTech 2021)において本研究室3年生3名が論文発表

      

陳教授の研究室に所属している3年生3名呉 涵麟さん,潘 語秋さん,翁 曉琪さんが国際会議(IEEE CyberSciTech 2021)のWorkshop (IoT Life)に2本の論文を投稿し、採択されました。本来ならばカナダでの発表予定でしたが、コロナ禍のためにVirtual Conferenceとなりました。
初めての学会発表が国際会議で、英語での発表となりましたが、緊張しながらも素晴らしい発表を行うことができました。海外の研究者の方や大学の教授の質問にも丁寧に返答することができ、自信を深めることができたのではないでしょうか。
陳教授 学生の皆さんお疲れ様でした。

 

論文(1)
Design of Campus Health Information System Using Face Recognition and Body Temperature Detection
(呉 涵麟,潘 語秋,翁 曉琪,陳泓)
論文(2)
Decentralized personal cloud data model and its application in campus Health Information system
(翁曉琪,呉 涵麟,潘 語秋,陳泓)

CyberSciTech 2019

2019年8月5日から8日まで、福岡(博多)の九州産業大学と日航ホテル福岡で8月5〜8で開かれた国際会議 2019 IEEE International Conference on Dependable, Automatic and Secure Computing (DASC), Pervasive Intelligence and Computing (PICom), Cloud and Big Data Computing (CBDCom), and Cyber Science and Technology Congress (CyberSciTech)で、本キャンパスの陳准教授が研究成果を発表しました。

CyberSciTechは毎年開催されるIEEE(米国電気電子学会)サーバー科学技術の国際会議で、IEEE CyberSciTechは、2016年にニュージーランドのオークランド、2017年に米国のオーランド、2018年にギリシャのアテネで開催されました。2019年も、科学者、研究者、エンジニアがサイバー関連の科学、技術、およびアプリケーションのトピックの幅広い範囲で最新のアイデアや進歩を共有できる共通のプラットフォームを提供することを目的として日本の福岡で開催された。
陳准教授は高齢者の生活支援のための分散型ユビキタスセンシングヘルスケアシステム研究について発表しました.参加された専門家の方より多くの意見・コメントが寄せられ今後の研究活動に活かされるそうです。

また,陳准教授はは本会議でIoTonFEC (the Impact of Internet of Things on the Future Elderly Care) セッションのGuest Editを担任、CyberIoT と IoTonFEC セッションチェアを担当。

チェアを務めたセッションの発表者(一部)と記念撮影。

閉会式でIEEE Outstanding Leadership Awardを受賞しました.

For service and contribution as Chair of the special session on the Impact of Internet of Things on the Future Elderly Care of the 2019 IEEE International Conference on Cyber Science and Technology Congress.

 

閉会式参加者の皆さんと一緒に

会場の九州産業大学

会場の日航ホテル福岡

 

TinyWebDB API Tester on Google Play

TinyWebDB API Tester on Google Play. Search “TinyWebDB API” to get app page.

***

TinyWebDB API is a App Inventor TinyWebDB API plugin, use you WordPress as a TinyWebDB web service.

After you setup TinyWebDB API on WordPress, you will need a tester to make sure the API work well.

This tester use for the API test.

TINIWEBDB-API4-512x512