Author Archives: admin

対外発表&受賞 (CyberSciTech 2019)

Published by:

019年8月5日から8日まで、福岡(博多)の九州産業大学と日航ホテル福岡で8月5〜8で開かれた国際会議 2019 IEEE International Conference on Dependable, Automatic and Secure Computing (DASC), Pervasive Intelligence and Computing (PICom), Cloud and Big Data Computing (CBDCom), and Cyber Science and Technology Congress (CyberSciTech)で、本キャンパスの陳准教授が研究成果を発表しました。

CyberSciTechは毎年開催されるIEEE(米国電気電子学会)サーバー科学技術の国際会議で、IEEE CyberSciTechは、2016年にニュージーランドのオークランド、2017年に米国のオーランド、2018年にギリシャのアテネで開催されました。2019年も、科学者、研究者、エンジニアがサイバー関連の科学、技術、およびアプリケーションのトピックの幅広い範囲で最新のアイデアや進歩を共有できる共通のプラットフォームを提供することを目的として日本の福岡で開催された。
陳准教授は高齢者の生活支援のための分散型ユビキタスセンシングヘルスケアシステム研究について発表しました.参加された専門家の方より多くの意見・コメントが寄せられ今後の研究活動に活かされるそうです。

また,陳准教授はは本会議でIoTonFEC (the Impact of Internet of Things on the Future Elderly Care) セッションのGuest Editを担任、CyberIoT と IoTonFEC セッションチェアを担当。

チェアを務めたセッションの発表者(一部)と記念撮影。

閉会式でIEEE Outstanding Leadership Awardを受賞しました.

For service and contribution as Chair of the special session on the Impact of Internet of Things on the Future Elderly Care of the 2019 IEEE International Conference on Cyber Science and Technology Congress.

 

閉会式参加者の皆さんと一緒に

会場の九州産業大学

会場の日航ホテル福岡

 

TinyWebDB API Tester on Google Play

Published by:

TinyWebDB API Tester on Google Play. Search “TinyWebDB API” to get app page.

***

TinyWebDB API is a App Inventor TinyWebDB API plugin, use you WordPress as a TinyWebDB web service.

After you setup TinyWebDB API on WordPress, you will need a tester to make sure the API work well.

This tester use for the API test.

TINIWEBDB-API4-512x512

Raspberry Pi 二台目始動

Published by:

Raspberry Pi一台目Webサーバとして16GのSDカードを積んで遠方で稼働し始めた。

Raspberry Pi 二台目もそろそろ始動。

P1300012

今回はクリアケースで、8GのSDカード(左側青いもの), USB-WiFi無線通信モジュール(右側白いもの)を装備、ワイアレスの何かを試したいともう。

Google Apps(無償版) 終了

Published by:

今日はイキナリ Google Apps Teamからメールが来て、「本日をもちまして、新規登録を終了いたします」。

既存な客には影響がないが、なんかサミシイ感じ。

Google Appsのサービスは2007から利用していって、無償版最初はの最大アカウント数が100, その後50, 10と減り、ついに終了した。

97年頃から、独自サーバを運用し、ユニークなメールアドレスをもって喜んでいるのもつかの間、スパンメールが増え、対応に苦慮でした。Google Appsの導入がこのスパン戦いから解放されて、早くも5年の歳月を過ぎました。

“*nothing*”が返ってくる致命的なエラー

Published by:

AppInventor API のプラグインを作って、WordPress.Orgで公開した。

テストの段階でわかったことだが、Tagに対して、Valueがないので場合、NULLが帰って来る。

このNULLは、AppInventorでは、”*nothing*”と表現し、致命的なエラーとなり、ダイアログを出して異常終了するしか救いようがない!

ネットでいろいろ調べたけど、”*nothing*”は、NULLではなく、未定義にとするらしい。発生させないように回避しか対策がない。

こまった。

AppInventor API変更するしかないかな。