Category Archives: Uncategorized

Because It’s Fun!

Published by: admin

たまたま、Derek Sivers が書いた「Because It’s Fun!」の記事を目にした。

http://phpadvent.org/2011/because-its-fun-by-derek-sivers

なかあか面白い方。音楽関係の会社のCEOをしながら、会社のPC、サーバのセットアップ、プログラムをエンジョイしている。

友人から、やりべきではない、CEOの仕事をやれと言われた。

彼は、CEOの仕事をしても、やはりお金を稼ぎ、やりたいことができる。だったら目の前の楽しむを放棄して、曲道でCEOを専念、退屈なことすることがおかしいと考えた。

しかしCEOと社内SE、プログラマー両立できるがすごいね。

Raspberry Pi 注文

Published by: admin

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)は、名刺サイズの価格35ドルの「単板機」(single-board computer)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi

多分3月こと、Fecebookで情報を知り、予約したが、今日やっと注文できるの知らせが来た。

本体は35ドル、送料は8.02ドル、総額43.02ドルで注文した。届くまで5週間かかるから、とりあえず楽しみに。

用途として、HDMIでTVに接続し、10/100 Mbps で無線ルータ(USB電源出力付き)に繋いで、AirPlayを作ってみたいと思う。

 

(液晶TV)---HDMI---(ラズベリーパイ)---LAN---(無線ルータ)---WIFI---(WIFIルータ)
                   (    電源入力 )---USB---(5V電源出力)

 

iPhone, Androidから、ビデオ見るなり、プレゼンなりできるといいね。

情報大航海プロジェクト

Published by: chen

2010年東京大学で情報処理学会の年度大会で、「情報大航海プロジェクト」が初耳でした。この「情報大航海プロジェクト」は2006年に発表されて、国産検索エンジン開発への取り込みらしい。「Google独占にはさせない」が狙いらしい。

6年もすぎ、たまにまた「情報大航海プロジェクト」が耳に入るが、もうGoogleの独走は決定的に。民間企業のMicroSoftが頑張っているね!中国の国産検索エンジンBaiduは個人的に嫌いだが、少なくでもまともに動いてるものがあることが評価したい。

CloudCoreサーバを体験(2)

Published by: admin

CloudCoreはCP(Control Panel )なしのVPSで、コマンドライン慣れないものなら、操作が覚えるまで大変な作業になります。

OSSのCPを探し、Kloxo という無料のCPが見つかりました。

Kloxo — a free, opensource web hosting control panel for the Red Hat and CentOS Linux distributions.

 

Continue reading

WordPress 3.4 Release

Published by: admin

このリリースには、テーマカスタマイズ、カスタムヘッダー、Twitter埋め込み、画像キャプションの大きな改善が含まれています。

http://ja.wordpress.org/2012/06/14/wordpress-3-4-green/

裏側ではPost クエリーが改善され、特に大きなデータベースを持つサイトでのパフォーマンスが改善され、自分の漢詩データベース ( http://poemdb.org/ ) は確かに反応が早く感じた。

iOSに関して、iOS5ではTwitter埋め込み;iOS6にFacebook埋め込み予定と発表された。

Twitter、Facebookは、ソーシャル・メディアの主役として、生活のあらゆる面で浸透していく様子がうかがえる。

ちなみに中国政府はTwitter、Facebookを禁止することは、21世紀の鎖国に等しい行為と思う。

World IPv6 Launch

Published by: admin

このイベントは2011年6月8日に実施された「World IPv6 Day」に続くものとして企画された。

世界中の大手プロバイダー(ISP)、家庭向けのネットワーク機器を提供するベンダー、Webサービス事業者などが6月6日以降、恒久的にIPv6を有効にするという取り組みである。GoogleやFacebook、米Yahoo!などの大手サイトが、それぞれ自社サイトにIPv6アドレスを付与し、IPv6インターネット接続環境にあるユーザーがIPv6で各サービス利用できるようにしていくらしい。

しかし「日本では壊れたIPv6が広まっている」とGoogle、IPv6接続お断りの方針、NTT東西の「フレッツ 光」ユーザーで発生する「IPv6-IPv4フォールバック問題」が原因だ。自宅もNTT東西の「フレッツ 光」みたいだ、どこまで影響されるでしょう。

持っているサーバのどれかに、IPv6 を設置してみたいな。

Exit mobile version