About

Hong Chen, PhD


Professor at Daiichi Institute of Technology,
Invited researcher at Advanced Research Center for Human Sciences, Waseda University

Researches information personalization and collaboration between social media, IoT, and cloud. I advocated an ideal personal space,the Ubiquitous Personal Study (UPS). It try to integrate user’s actions, involving cyber space and real world activities into UPS , user modeling and support accessing, managing, organizing, sharing and recommending information. UPS is a decentralized node. UPSs can be freely connected to each other through the network to form a new decentralized social network.


第一工科大学教授
早稻田大学人文科学高级研究中心特聘研究员

研究社交媒体,物联网和云之间的信息个性化和协作。主张构建理想化的“无所不在的个人书斋”(UPS),它试图将涉及网络空间和现实世界活动的用户行为整合到UPS中,对用户建模并支持访问,管理,组织,共享和推荐信息。UPS是个去中心化的节点,UPS之间彼此可以通过网络自由连接,形成新的分散社交网络。


第一工科大学工学部教授,
早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員,
博士(人間科学)

情報の個人化とソーシャル・メディア、IoT 、クラウド の連携を研究。ユビキタス・パーソナル・スタディ(UPS)という理想な個人空間を提唱し、ユビキタス「個人書斎」に情報を集中して、いつでも、どこでも情報の共有、推薦できる環境を構築することが目的とする。UPSは分散型ノードです。UPSはネットワークを介して相互に自由に接続でき、新しい分散型ソーシャルネットワークを形成できる。