上海大学訪問

上海大学(www.shu.edu.cn/)の情報学部を訪問した。 そのときの様子。 まず上海大学の先生が、研究の内容を紹介されて、テーマ的には実用的なものが殆どと思う。たとえば大型の集中管理システムとか。 UPSとStreamの紹介がした。こちらは高度集中と反対的な分散システム。いろいろ質問されて、USPがどこにあるか、そのデータの保障どのようにするか、UPSの構成にちょっと考えされられた。 流行の言葉なら、UPSのストレージが、Cloudにあるべきですね。

ICWL2010

上海でICWL2010参加した。 上海が通過した場合が殆ど。町に出て、お金で買い物するような滞在が、5年ぶりかも。 ICWL2010はThe 9th International Conference on Web-based Learningの略称でした。 そのときの様子。 会議のテーマは情報技術から学習問題まで幅が広いだ。 従来のe-Learn手段の延長で研究が多いが、Learn Process関連の発表が増えた。しかし閉じたLearn環境のLearn Processがメインテーマ。われわれ注目するLife Stream中から、Learn Activity Stream を分離して、それを用いていろいろ学習支援など、生活に埋め込む全面的なアプローチがなかった。

MENS2010

西安でMENS2010参加した。 MENS2010は、International Symposium on Multidisciplinary Emerging Networks and Systemsの略称でした。 西安が初めて訪問するため、会議の他、観光もしたいところだが。事情でまったくできなかった。 タクシーで西安の城壁がちらっと見えた。結構よく保存した。城内の建物の高さも制限されたために見た目がよいらしい。ちなみに以前住んだ南京でも城壁が結構保存され、雄大で結構気に入ったがが、去年訪問で見た際。高層ビルにお埋められ、惜しい! 会議の発表のSession Chairに頼まれて、英語が得意ではないため、そのSessionの他の発表の内容事前も知らない、単語が足りないから、結構緊張した。

GoogleWaveを試し中!

かなり後進になるが、いまさらGoogleWaveを試し中! GoogleWaveテスト段階、紹介制だから、様子見状態でした。その後反響があまりもないので、忘れかちなところ、GoogleAppsに、GoogleWave利用可能になり、それて調べてみたら、GoogleAppsじゃなく、もう五月中旬、普通のGoogleアカウントあれば、利用できるようになった。 試してみたら、チャット、グループチャット、白版でお絵かき共有など、リアルタイムでできた。 慣れてないかもしれないが、必要なものが探すには苦労だね。たとえばグループつくり、よくわからなかった。グループが作っても、保存して、再利用可能かな? いろいろと、もうちょっとさわらないと、わからないでしょう。

初めてPokenを体験。

初めてPokenを体験。一種電子名刺だ 手軽に電子名刺交換は、いろいろ方法が考えられる。 携帯電話赤外線 iPhoneのBump などなど しかし、機材が高価、交換に時間がかかる、特定機材利用など、あまり普及にならない。 Pokenなら、簡単な構造、安価で、特定イベントで無料配布するところもある。 携帯ストラップ、キーホルダーなどに付けられ、持ち歩くは簡単。 たくさんの柄なかから、 ドラゴンを選んだ この感じで、電子名刺交換できる

SugarSync – Cloud Storage 4

先日日本語対応を宣言した、Cloud StorageSugarSyncは、一番高機能で、人によって、複雑すぎて換えて使いつらいだろう。一番優れるのは、デバイスに同期するフォルダが指定できる。つまりPC、PDA、携帯に使い分ける!そしてWEBArchiveを利用することでローカルの容量を消費しないことも可能だ。公開アルバムも作れる – https://chen420.sugarsync.com/albums/thumb/3最後は例の、容量が増える招待リンク!SugarSync – You’re invited to join SugarSync for free!